• « 2017·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ryu (edit)

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2012’09.24・Mon

PRESS START 2012

今年で7年目のpress startの季節がやって参りましたー!
7回目の参加になりますが、今回は本当にずっと聴きたかった曲が
演奏されて実に幸せな一時でした。
いつものようにネタバレ満載なので
11月に名古屋公演行かれる方はご注意!
program 2012/09/23 14:00~


一部

1.The Elder Scrolls V:Skyrim ドナ・バーク/窪田晴男
Main Theme/The Dragonborn Comes

今回は最初から海外タイトル。
海外タイトルは荘厳な曲が多いですよね。
東海道新幹線アナウンスでお馴染みのドナさんの歌声は
相変わらず素敵で圧巻されました!
白いドレスがまたお美しい・・・!
初めて聴きましたが2曲とも本当に素晴らしかったです。
演奏後に企画の5名と司会のお姉さんのトーク。
端から順番に一言ずつでしたが4人目あたりで
「もう皆言われた」というお馴染みの流れに(笑)

2.FINAL FANTASY XI 窪田晴男
Vana'diel March/Ronfaure/The Republic of Bastok/Sarutabaruta

FF11からは作曲者3名の曲をメドレーで。
どの曲も大好きなのですが中でもRonfaureはもう一度聴きたいと思っていた曲でした。
以前Tour de Japonで演奏した時のアレンジとは大幅に変わっていましたが
(Tour de Japonの編曲は浜口さん、今回は宮野さん)
編曲者によって全く違うアレンジになるので、音楽って面白いです。

3.ノーラと刻の工房 霧の森の魔女
刻の工房/まいにちの暮らし/たたかいの刻

なるけさんの担当しているゲームはやったことないのですが
WAに引き続いての演奏。
なるけさんの曲は本当にメロディが印象的で、
ゲームを殆ど知らなくても「あ、なるけさんの曲だ」とわかります。
演奏後「~節といえばなるけ節とイトケン節」というトーク。
なるけさんは相変わらずとっても緊張なさっていました。
子を見守る親のよう。
積んでる方は今すぐプレイするのです!というお言葉も(笑)

4.ダライアス
MAIN THEME-CHAOS(バンアレンベルト)/BOSS SCENE 3/BOSS SCENE 5/BOSS SCENE 7/

パンフレットによると夜公演には作曲者の小倉さんがゲストでいらしていた模様。
これも初めて聴いた曲だったのですが、とにかく掴めない!
何拍子だったのだろう・・・。9っぽかったですが。
今回のセトリの中で一番難しそうな曲でしたが
東京フィルの皆さんはそんなこと一切感じさせない演奏っぷりでした。
そしてボスのテーマということはダライアスはSTGか何かでしょうか・・・?
あまりにも禍々しいというかおどろおどろしいので一瞬ホラーなんじゃとか思いました(笑)
ダライアスの映像編集をした桜井さんがここでトーク。
司会のお姉さんが桜井さんに
「アイディアが出てこないときはどうするんですか」
みたいな質問をされていたのですがそしたら桜井さんが
「アイディアが出てこないことはありません」(どやぁ)
みたいに返していて会場が笑いに包まれていました。
お姉さんの「すみません、愚問でした!」にも笑っちゃいました・
この言葉にもちゃんと意味がありましたが。

5.逆転裁判
大いなる復活~御剣怜侍/成歩堂龍一~異議あり!/追求~追い詰められて

こちらは再演でしたが、当時も今回も逆裁未プレイ・・・!
周りの方の人気がとっても高いゲームなので
是非ともやりたいのですが!
逆裁の音楽はやっていない私でもかっこいい!と思うような曲ばかりで
こうやって音楽聴く度にプレイしたいと思うわけです。
今年こそ!

6.ファミコン/姫を救え!メドレー
ドンキーコング/チャレンジャー/ドラゴンスピリッツ/ドラゴンバスター/ゼルダの伝説/
ドルアーガの塔/魔界村/影の伝説/スーパーマリオブラザーズ1・2
※メモをとってなかったのでタイトル抜けがあります。
 もっとドラゴン率高かったような・・・。また演奏順ではありません。

プレイしたことあるものはひとつもありません!
それでも知っているのがファミコンの曲でしょうか。
ドラムに合わせてとてもテンポの良いメドレーでした。
この手のメドレーは毎回1曲ずつが非常に短いのが残念!


7.聖剣伝説Legend of Mana ソフィ・ペルソン/窪田晴男
メインテーマ/彩りの大地/ホームタウンドミナ/滅びし煌きの都市/Song of Mana(Opening)

待ってました!!7年目にしてついに・・・!
ゲームのサントラという存在を知ったゲームでした。
メインテーマの幻想的なピアノに始まり、コンマスソロの彩りの大地、
そしてdrammaticaアレンジのドミナ(途中に心ある場所)、
ストリングスのピチカートが印象的な煌きの都市
そしてスェーデン語で力強く歌い上げるのSong of Mana。
もう本当に終始涙目でした。
5曲メドレーとの情報は事前にわかっていたので
この5曲だろうなぁと思っていたものが全て演奏されました。
ボーカルの方は少し緊張なさっていたご様子。
グリーンのドレスが綺麗で、聖剣の色だ!と思いました。
単独コンサート、いつか聴きたいものです。
下村さんのトークは「まだまだしゃべり足りない!」
という何かを感じました(笑)
イトケンさんの聖剣、そして菊田さんの聖剣、
それとは違う下村さんの聖剣。
どれも本当に大好きです。


そして休憩をはさみ二部へ・・・。
なんですが、ここで大事件ですよ!!
物販で見かけたので会場にいらしてるのは知ってたのですが
まさかの休憩時間に光田さんが空席だった右斜め前の座席に・・・!
一緒に行った子も光田さんのファンだったので二人でそわそわ。


ニ部

1.ヘラクレスの栄光IV 神々からの贈り物
オープニング/地平の彼方に/新たなる空/魔物たちとの戦い

今回酒井さんが正装してらしたのですが、ここで指揮者交代。
作編曲の酒井さんが指揮をしていらっしゃいました。
素敵な曲だったのですが、直前に光田さんがいらしたことで
あまり集中できなかった・・・!(笑)
パンフには「地平線の彼方に」となっているのですが
本当は「地平線の彼方」が正しいのかな?

2.ゼルダの伝説 スカイウォード
女神の詩

とても勇ましい曲で、ゲーム内の音源も
実は竹本さんと東京フィルによるもの。
逆再生するとゼルダの子守唄になるということでも有名。
この曲についてのエピソードを青沼さんと若井さんでトーク。
E3(だったかな?)で海外メディアの方に
「こういう動画があがってるけどこれは意図した(指示出しをした)のか」
という質問をされ「そんなわけないでしょう!」と全否定して
帰国後若井さんに「こんなん言われたけど違うよね?」と聞いて
「やってます」と言われてしまったそう。
どうしてそんな大事なこと言わなかったの!と仰ってました(笑)
そしてなるけさんに続いての積んでる人はすぐプレイ!のお言葉。

3.新・光神話パルテナの鏡
12章空中戦 初期化爆弾の恐怖

桜井さんによるプレイにあわせて生でBGMつけちゃおう!という企画。
演奏前に3DSがおかしいとかタッチペンがないとか
仰ってましたが、ポケットからタッチペン出した瞬間
仕込み・・・?とか思ってしまいました(笑)
もう本当に寸分の狂いもなくゲームのBGM(やたら豪華)でした。
ちょっとキャラクターの声が響いて肝心のオケ演奏が聴こえにくかったり
映像に気を取られてしまうことがありましたが
この映像にあわせたオケというのは
やはりゲームファンからすると見ていても聴いていても
とても楽しいものですよね!
クリアと同時に右手を高々と上げる桜井さん。

4.イーハトーヴォ物語
イーハトーヴォ賛歌

全体的にアップテンポな曲が多い中しっとり聴かせる曲。
イーハトーヴォは宮沢賢治が創造した幻想郷だそう。
プレスタは知らないゲームでも曲を切っ掛けに
やってみたくなる!ということは毎回ありましたが
ついに童話にまで手が伸びそうです。
今回の演奏曲の中で最もリラックスして聴きました。
本当にただただ美しかったです。
植松さんと作曲者の多和田さんの会話もとても面白かったです。
曲制作秘話をお話してからの、「というのはつくり話です」。
物凄くなめらかな嘘でした(笑)

5.朧村正 松本宏平/廣原武美/窪田晴男
メインテーマ

2010年の再演ですね。
今回は崎元さんいらっしゃらなかったので残念。
津軽三味線、尺八、ディストーションギター、
そしてオーケストラという異色の組み合わせも
プレススタートだと普通のことに思えてしまう不思議。
和楽器を聴く機会は中々ないので嬉しい再演でした!
しかしちょっとだけギターの音が大きかった印象。

6.GRAVITY DAZE/重力的目眩
 :上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動
窪田晴男
GRAVITY DAZE/重力的目眩/オルドノワ/犯行と殲滅

タイトル凄い(笑)
こちらも全く事前知識の無い状態で聴きました。
gravityという言葉からは想像できないくらい
浮遊感のある曲が多く、どのようなゲームなのかとっても気になります!
気持ちのよい曲で、目を閉じて聴いたりしてました。
あまり田中公平さんには詳しくないのですが(サクラ大戦の方ですよね)
とてもドラマチックな曲で、空を飛ぶイメージがわきました。
さて、どんなゲームなのかな・・・?

6.GOD EATER ドナ・バーク
神と人と Vocal Ver.

椎名さんの夢でもあったという宮野女史による編曲。
そしてエメラルドグリーンのドレスに着替えた
ドナ・バークさんによる力強い歌唱。
演奏後には会場後部からブラボー!の声。
本当にただただ格好良かった・・・!
椎名さんも本当に素敵な曲をかかれる方ですよね。

アンコール

1.FINAL FANTASY XI
"FFXI Opening Theme"
~Legend-The Crystal Theme,Memory of the People,
Memoro de la S~tono,Memory of the Wind~

タイトル長い!
この曲本当に久しぶりに聴きました。
エスペラント語ですね。
タイトル調べるためにサントラを出したのですが
ライナーノーツの作曲陣がお若い!
FF11は未プレイですが、サントラについてきたDVDで
オープニング映像は見ていて、衝撃的な展開だったために
もう10年近く見ていなかったのにも関わらず
鮮明に覚えており、演奏を聴きながら
オープニングの映像を思い出しておりました。
しかしFF11がアンコールにくるとは思いませんでした!

2.カービィのエアライド
チェックメイト
※恐らくあと2、3曲流れてましたがタイトルわかりませんでした。

結構皆さんカービィがアンコールと予想された方多かったのではないでしょうか!
私はこのゲーム知らなかったのですが、レースゲームも出てるんですね・・・!
音楽に関しては本当に良かったです!
やっぱり最後はこうだよね!と言わんばかりに元気に明るく終わった印象。


終演後、どうしようか物凄く悩んだのですが折角目の前にいるんだから!と
思い切って光田さんにも声をかけさせていただきましたー!
赤い眼鏡が素敵でした。



全体的な印象として、流石東京フィルといった安定感があり
例年だとちょっとドキドキしてるところがあるのですが
何も考えずにただただ音楽を聴くことに集中できました。
またコンマスの方がゲームお好きな方なのか
(ファミコン世代の方~ってとこで手を上げてらした?)
演奏中とっても楽しそうで、そのまま立ち上がって踊りだすんじゃないか
と思ってしまうほどでした(笑)
それからアップテンポの曲が多くしっとり聴かせる曲が
少ない気がしました。

いつもはもっと演奏や楽器についても細かく気にしながら聴いているのですが
今回は本当に素敵な演奏で最初から最後までリラックスしてしまって
技法的なものを一切覚えていないという・・・!
木管と金管の安定感の素晴らしさ。
そしてギターが随所で活躍。
また例年に比べピアノソロも多く感じました。


来週は光田さんの楽曲を聴けるのでこちらも楽しみですー!
Posted by ryu (edit)

Categorieconcert  - - TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。