• « 2017·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ryu (edit)

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2010’11.07・Sun

Distant Worlds music from FINAL FANTASY RETURNING HOME

久し振りにFFオーケストラコンサート日本公演!
11/6・7両日の感想です。
基本的に6日の感想、何かあれば7日で追記。

program
2010/11/06 18:00~
2010/11/07 12:00~


第1部

片翼の天使

やるだろうなとは思っていましたがまさか頭とは!
会場が一瞬ざわっとしました。
植松さんもtwitterで「Distant Worlds初日にご来場の皆様、
どうもありがとうございました。一曲目とアンコール曲は意外だったでしょ?」
と書かれていますね。狙い通りといった感じでしょうか!

勝利のテーマ
何故かファンファーレ(笑)
こういうちょっとした遊び心好きです。
ゲーム中もこんな豪華なファンファーレが毎回流れていたら
と考えるとちょっと不思議な気持ちに。

Don't be Afraid

日本ではこの形は初めてですね!
軽い小芝居というか。
映像を流しつつワンワン!ザッザッ!という効果音から戦闘へ。
効果音への笑いからDon't be Afraidが始まった瞬間への拍手。
エンターテインメントですね!

FINAL FANTASY I~IIIメドレー 2010
プレリュード/街(1)/マトーヤの洞窟(1)/水の巫女エリア(3)
FINAL FANTASY/反乱軍のテーマ(2)
もしかしたら今回の演奏で1番好きだったかも。
1~3の曲も本当に素敵な曲が多いので
メドレーではなく、単独でも聴いてみたいですね。
FINAL FANTASYで締めない編曲なのに驚きました。
でも反乱軍のテーマが流れた瞬間ぞくっとしました。
このメドレー本当に素敵で、近くの席の恐らく
1~3世代の方が結構涙を拭っていたのが印象的でした。
演奏曲はちょっと自信ないので間違っていたら教えて下さいませ!

Love Grows(Benyamin Nuss)
ピアノとオケの協演。
ドイツのピアニストBenyaminのピアノの音色の美しいこと。
最近発売された彼のアルバムはよりクラシカルなアレンジなので
今回のようなアレンジの方が取っ付き易い方も多そうですね。
もうちょっとピアノをはっきり聴きたかったかも。
>>7日
前日と比べてピアノの音量があがった気がしました。
凄く良いバランスになっていました。

Ronfaure
Ronfaureはいつ聴いても大好きです!
FF11は未プレイなのですが「帰ってきた!」と感じる不思議な曲。

J-E-N-O-V-A
最初の打楽器(ヴィブラフォンかグロッケンでしょうか・・・?)が
とても目立つので、あれよく外さないなぁなどと
プロ相手にとんでも無いことを考えつつ。
J-E-N-O-V-Aのアレンジはとても格好良かったですね!
コーラスの入ったアレンジになっているとは思いませんでした。
ドラムソロかっこいい!
>>7日
2日目は映像ではなく演奏に注目してみていたのですが、
打楽器を担当してらした方が凄かったです。
木琴、鐘、鉄琴を何度も行き来してました。
ピアノの方も電子ピアノとの移動が大変そうでした!

親愛なる友へ(Meng-Feng Su)
ギタリストのメン・フェン・スーさんとオケの協演。
親愛なる友へが聴けて嬉しかったです。
5の曲の中でもはるかなる故郷の次に好きな曲。
オケアレも良いですが、アコギの音色が本当に似合う曲ですね。
>>7日
2日目はこの曲でちょっとアクシデント?が。
途中まで演奏して中断。just a sec.って聞こえた気がします。
この後客席から拍手がありもう一度最初から!

Vamo'alla flamenco(Meng-Feng Su)
親愛なる友へに続いてギタリストとオケ。
これもお馴染みですね!
大好きな曲ですが、そろそろ違う9の曲が聴きたいです!
フラメンコということなので、カスタネットがあったのですが
一体どこで演奏していたのでしょうか・・・!
>>7日
大太鼓の人がカスタネットのようなものを演奏してました!

エアリスのテーマ
CCFF7をプレイしてからすっかりエアリスが好きなのです。
何度も演奏されているけど、それでも生で聴きたい1曲。
映像に結構気を取られてしまいました。

チョコボメドレー 2010
オケアレンジからジャズっぽいアレンジなどなどお馴染みのチョコボ。
今回は歴代チョコボの映像にFF14も加わっていました。
見落としかも知れないですが、9のチョコボカットされてたよね・・・?
チョコあんなに頑張ったのに・・・!
>>7日
やっぱり9のチョコボいなかった!


第2部


オープニング ~爆破ミッション
最初のピアノがいつも気になってしまうのですが、
本当に格好良い曲ですよね。
7を初めてプレイした時の思い出が蘇ります!
>>7日
前日の演奏と比べて圧倒的に良かったです。
ピアノのアレンジがちょっと変わったのでしょうか。

ザナルカンドにて
大好きな曲ではあるのですが、
この曲は流石にもういいかな、という印象。
飽きたわけではなく、他の曲も聴きたいのです・・・!

戦う者達(Benyamin Nuss)/7日のみ
ベンヤミンのピアノそろ。
piano collectionsのアレンジでしたね。
CDの本田聖嗣さんの演奏と比べるとテンポが非常に速かったです。
手元も見たかったのですが、目を瞑って曲に集中してると
本当に素晴らしい演奏でした・・・!

妖星乱舞
オルガンとコーラス。
歌はラテン語でしたね。
オケコンでこうやってオルガンを聴くのは初めてかも。
やっぱりこの曲はオルガンでこそ!という感じですね。
というかフルでやるとは思いもしなかった・・・!!
でも映像はもうちょっとどうにかなったと思う!
最後にWINて!(笑)
中高で毎日オルガンの音色を聴いていたので何だか昔を思い出しました。
妖星乱舞を聴きながら(笑)
この曲は是非パイプオルガンで聴いてみたい!

閃光ここから5曲は6日だけのFF13プログラム。
オケアレもまとまっている感じ。
接角なのでコンマスのソロとか聴きたかったです!

ファングのテーマ
/6日のみ
ゲーム中どこで流れたっけ・・・という印象なのですが
曲自体はサントラでも聴いていたので好きです。
FF13はの曲は綺麗でクールというイメージ。

ドレッドノート大驀進!(Benyamin Nuss)/6日のみ
ピアノソロ。
この曲もピアノが本当にかっこよかった・・・!
浜渦さんの曲はやはりピアノが綺麗ですよね。
もっと近くで手元を見たかったな。
目を瞑って音色に耳を傾けていました。

ファブラ・ノヴァ・クリスタリス(Frances Maya)/6日のみ
本当に素敵な歌声でした!このメロディー大好きなので聴けて良かった。
ただ、とっても短かったのが残念です。
「あれ、終わった」という感じでした。

ブレイズエッジ(Benyamin Nuss)/6日のみ
ピアノが元々好きというのもあってベンヤミンのこの曲は本当に素敵でした!
閃光を楽しみにしていたのですが、結果的にこちらの方が好みのアレンジでした。

潮風の集う街 ~リムサ・ロミサンのテーマ~
/7日のみ
ここから4曲は7日のみの演奏でFF14の曲。
FF14はやっていないのですが、今回演奏された曲は
トレイラーや公式サイトなどでよく耳にしていたので
殆ど馴染みのある曲でした。
この曲を聴くと冒険に出たい!って思いますね!
アレンジは原曲をそのままオケアレしたような感じでした。

ザナラーンの黄昏/7日のみ
この曲大好きなので聴けて嬉しかったです!
コンマスのバイオリンソロが聴けて鳥肌が。
前日の閃光も是非こうして欲しかったです!

Answers(Susan Calloway)/7日のみ
この曲は歌とコーラスが素晴らしかったです。
しかし前日のフランシスさんに続き、この方もこの1曲のみ。
もっと歌声聴きたかった・・・!
力強いボーカルでした。ぞくっとした!

原始の審判/7日のみ
この曲だけ多分初めて聞きました。
本当にかっこいい。
ところでサントラのトラックリストに無かったのですが
サントラには未収録なのでしょうか。

The Man with the Machine Gun
この曲も根強い人気がありますね!
好きな曲ではありますが、ザナルカンドにて同様
こちらもそろそろ違う曲を聴いてみたいですね・・・!

ティナのテーマ
懐かしい映像と共に今回のコンサートスタッフロールが。
あまりにも速くて全く読めませんでしたが、
あの演出は好きでした。


アンコール

ビッグブリッヂの死闘
日本公演のために植松さんがアレンジ、初公開!
ちょっと意外でしたが、でも納得もできる選曲。
映像も気になったのですがイントロ部分は奏者も見てると面白いですよ!
ストリングスが高音部と低音部へ行き来するので
ヴァイオリン→ヴィオラ→チェロとまるで波打っているかのようでした。
>>7日
気のせいかもしれませんが、2日目の演奏の気合の入り方が凄かった!
でも、これが終わると終わってしまうのか、という寂しさも・・・。

<6日>
この後植松さん、浜渦さん、アーニーさんが出てきて
マイクなしで何か叫んでいたのですが拍手聞こえるはずもなく!
そうしたら、会場の拍手がぴたっととまって
\ありがとうございましたー!/\Thank you!/という
植松さんとアーニーさんの声が2階席まで届きました。
そして何故か手を繋いで帰って行く植松さんと浜渦さん。

2階席端だったのでどうかなと思っていたのですが
2階席の傾斜が結構急だったので前の人とかまったく気にせず
ステージ全体を眺めることができました。
ただ国際フォーラムがあまりにも広いので
音に生っぽさを感じるのはちょっと難しいかも。
スピーカーから流れてるなーって印象は拭えない。

殆どの演奏にゲームの映像が流れていたのですが
演奏者を見たり、映像を見たりと忙しかったです(笑)

全体的な演目曲はちょっと偏ってしまっているなという印象。
4と12がなかったのが残念。
接角なので1~14まで満遍なく聴きたかったです。
それから、何だか物足りないと思ったのは
植松さんが全く喋らなかったからでしょうか!


<7日>
席が2階席中央だったせいなのかは分かりませんが
前日と比べてオケの音もよく完成度があがってる印象でした。
2日目の演奏は本当にどれも素晴らしかったです!
植松さんの「また帰ってきます!その時まで待っていて下さい!」
になんだか泣きそうになりました・・・!



というわけで、待ちに待ったFFのコンサートも終了!
私はVOICESに行けなかったので、Tour de Japon以来のコンサートでした。
毎年とまでは行かずとも、もう少し頻繁にやってくれたらなぁと。
あと、素人目からしてですが全体的に練習不足な気もしました。
両日共に植松さんのMCは無かったですが、
マイク無しの最後の一言も、あれはあれで良かったです!
肉声で「2階席聞こえるかー!」なんて普通のオケコンじゃまず聞けないですよね!
本当に素敵な時間でした。
既に次の公演を楽しみにしています!
Posted by ryu (edit)

Categorieconcert  - - TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。